光建設株式会社

Hikari Constraction Co., Ltd. http://www.okinawa-sofil.com
  • 環境・災害対応
    社会・地域課題解決
  • S-012

企業PR

沖縄県内企業は勿論、県外企業・県外大学と共同事業(新連携事業)にて本展示会で新製品を発表します。沖縄県は環境保全を重要な政策としており、その一翼を担える新技術の開発を、誇りをもって行っています。又、県外において緊急課題である防災機能の充実に貢献します。


ゼロ・エミッション稼働、環境配慮型水洗トイレ

災害時の避難所で、ゼロ・エミッション稼働の環境配慮型トイレ

新製品が搭載するトイレ汚水浄化技術は微生物を活用しており、全国の国立公園・世界遺産・ジオパーク等全国170カ所の設置実績を有している。又、新連携事業を活用し「ひめゆりの塔(沖縄県)」のトイレを使用し実証実験を行っており技術が可視化できる。又、全国に先駆け本展示会が新商品発表の場となる。

トイレ汚水を高度な浄化技術でトイレ洗浄水に循環再利用。省エネ稼働で太陽光発電と蓄電池で無電化状態でも稼働が可能。上下水道・電気のインフラ不要で水洗トイレを稼働できる。これにより、インフラが遮断した避難所で水洗トイレを稼働。避難所の衛生環境を保つ。又、離島等でのトイレ浄化水の放流を防ぎ環境を保全する。




処理水をトイレの洗浄水として利用可能

光建設が沖縄で展開しているゼロ・エミッションソフィールとは、天然土壌を使用した浄化システム、太陽光・蓄電池エネルギーシステムを融合した水流トイレで現在、ひめゆりの塔で実証実験を行っています。高度な浄化処理により透明度が高く、匂いが少ない処理水ができることでトイレの洗浄水として循環利用ができ、消費電力も少ない特徴を持つため、被災地などで活用できるコンテナ型トイレの開発も進めています。

(ソフィール事業部/成田苑子)

本社所在地

901-0306
沖縄県
糸満市西崎町5丁目6番地8
TEL: 0989945635

代表者
代表取締役  徳元 直光
Relation