株式会社エナミ精機

ENAMI SEIKI Mfg. Co., Ltd. http://www.enami.co.jp
  • ものづくり
  • M-012

企業PR

工程の短縮化・高速化・自動化を同時に実現する総合システム技術の開発に取り組んでいます。溶接/締結材/接着剤を使用しないファスナーレス結合を提案します。


エナロック(カットロック/ドローロック)

スポット溶接をなくしてみませんか?溶接、締結材、接着剤を使用しない金属同士のカシメ工法を提案します。

スポット溶接をなくしてみませんか?エナミ精機は同種異種の金属板等を締結する方法として、カシメ工法による締結を開発、あるいは推奨しております。カシメは従来の溶接による締結に比べ、後処理の省略・塗装工程の撤廃と云うメリット以外に以下の特徴を持っております。熱を使わないので塗装鋼鈑にも使用出来る。ファスナー(ボルト・リベット等の副資材)を使わずランニングコストが安くつく。鉄・ステンレス・アルミ等、同種異種材料を問わず適切な締結が出来る。塑性加工を利用するため高速加工が可能。

溶接/締結材/接着剤を使用しないファスナーレス結合。工程の短縮化・高速化・自動化を同時に実現する総合システム技術の開発に取り組んでいます。


多品種混流/瞬時切り替え製函ライン

全1849品種を金型交換なしで生産

生産の自動化と併せ仕掛品及び製品在庫の大幅削減、且つ製品納期の大幅短縮を図りました。多品種の製函ボックスの生産ラインの無段取り化及び、型内瞬時切り替え方式を考案し、最小ロット(1個)から生産可能な多品種混流生産システムを実現しました。

多品種の製函ボックスの生産を従来のロット生産方式から適宜注文数に応じた混流生産方式に改めました。


給湯器外ケース一体カシメ生産ライン

塗装鋼板化で環境に配慮した生産方式

当社の得意技術である工法の中でエナロックシリーズの1つであるドローロックのマルチツール化によるケース一体カシメ技術の採用並びにマンマシン化によるコストパフォーマンスの高い生産ラインの開発を実現しました。

従来の表面処理鋼板のスポット溶接と塗装による外ケース生産方式から、PCM鋼板と亜鉛鉄板を組み合わせたカシメによる接合の生産方式に変更し、従来の溶接と塗装工程を廃止し大幅な工程短縮と仕掛り削減を図るとともに、最近特に認識が高まっている環境に配慮した生産方式を実現させました。




家電製造に貢献しているカシメ工法

「エナミ精機は、塗装された材料にキズをつけることなく加工することを得意としている会社です。とくに、スポット溶接を使わずに材料同士を締結できるカシメ工法の自動化を図り、それを生産ラインに組み込むことの技術に長けています。カシメ工法は洗濯機のボディや電子レンジの内部、洗濯機のドラムの加工など表には出てこないですが、ご家庭で使用されている家電の製造に用いられている技術であることを広めていきたいです」

(代表取締役社長/江波明)

本社所在地

625-0133
京都府
舞鶴市大字平1757
TEL: 0773680301

代表者
代表取締役社長 江波 明
Relation